読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の探索

歩いたり、飲んだり、食べたり、思ったりしたことの記録です。

立山旅行その壱

9月上旬、立山に旅行へ行きました。

みんなに立山へ行くと言ったら「近いじゃん。泊りじゃなくても

いいんじゃない?」と結構いろんな人に言われました。

みんな千葉の館山と勘違いしている人が多かったです。

9月の某日、竹橋の毎日新聞社から「毎日あるぺん号」へ

乗って出発。

バスはわりと快適でバス乗る前からお酒を飲んでいたせいか、出発して

すぐにグーグー寝ました。

明け方、隣に起こされカーテンの隙間から外を見たら、

とても幻想的な風景が広がってました。

f:id:unagipiechan:20151024145114j:plain

普段なかなか見ることのできない景色で感動しました。

そんなこんなで室堂のターミナルへ到着。

着いてすぐに山登りを開始しました。

室堂ですでに2450メートルあります。

ターミナルから2時間ちょっとで立山雄山神社峰本社へ着きますが、

途中はがれた岩場が多く歩きづらかったです。

しかし、バテながらも振り返るとこの絶景。

f:id:unagipiechan:20151024183002j:plain

みくりが池の澄んだ美しい湖と山並みの美しさ。

なんとか這う這うの体で雄山登頂!!

f:id:unagipiechan:20151024183158j:plain

雄山山頂で参拝をし、御朱印もいただきました。

山頂でお昼を食べ、次は大汝山へ向かいました。

大汝山といえば・・・

f:id:unagipiechan:20151024183848j:plain

松山ケンイチ主演の映画「春を背負って」で菫小屋として使われていた

大汝小屋です。

この小屋は宿泊施設ではないのですが、避難小屋として使われております。

と思ったら同行の家の人から「このスピードでは下るころには日が暮れる。

スピードアップしろ」と言われ、転がるように富士の折立通過。

このあたりはあんまり景色を楽しんでいる余裕はありませんでした。

おかげで雷鳥平に着いた時にはまだ全然日が暮れるには時間がありました。

f:id:unagipiechan:20151024184605j:plain

疲労困憊でしたがなんとか一日目は無事に下山できました。

つづきます。