読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の探索

歩いたり、飲んだり、食べたり、思ったりしたことの記録です。

二子玉川の地下霊場玉川大師玉眞院に行ってきた。

土曜日、ふと思い立って「涼しいところへ行きたいな」と思い、

しばらく考えていたら、以前から行きたいと思っていた玉川大師を思い出した。

何度か行こうと思ってはいたものの、自分の住んでいるところから

微妙に遠いためなんとなく行けないでいた。

思い立ったらなんとやらということで、でかいおにぎりを握って出かける事に

した。

また、なんとなく思い立って高田馬場から電車に乗ろうと思ったら、

暑いわ、迷うわで二子玉川へは14時頃に着いた。

二子玉川駅から歩いて15分ほどで玉川大師玉眞院へ到着。

ここは本堂から地下につながる階段があり、そろりそろりと

下りていきます。

ちなみにこの時は同行者はおらず、私一人。

本当に真っ暗。そのうえ曲がりくねっていて歩きづらいこと

このうえない。一瞬泣きそうになりましたが、前に歩いていた

おばちゃんたちがくっちゃべっている声が聞こえて、一安心。

しばらく歩いていくと光が見えてきました。

ちなみにここは写真撮影禁止のため写真は撮影できませんでした。

というかこの雰囲気ではとてもではありませんが、撮れない・・・。

ここには四国八十八ヶ所、西国三十三番霊場のお大師様・観音様が

まつられており、ここへ来ることによって四国八十八か所へ行ったのと

同じくらいのご利益があるとか。数え年の番号のついたお大師様探して

お参りするとよいとの事だったので、自分の数え年のお大師様を探して

お参りをしました。

 

かなり暑い日にここへ来たのですが、地下はひんやりしてとても

静かでした。そんな中で大きな音でドラが鳴ったので、

正直本当にチビってしまうかと思いました。

 

お大師様へお参りをして地上へ上がっていくと、いつもの世界へ戻ってきました。

今度はまたじっくり見ながら歩いてみたいなと。