読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の探索

歩いたり、飲んだり、食べたり、思ったりしたことの記録です。

石神井川散歩 その1

その日は朝、体調がイマイチだったので午前中はずっと寝ていたのですが

昼前になり、やはりどこかに出かけたい・・・でも、遠出してまた疲れて

体調悪くなっても・・・という事で有楽町線氷川台まで行って、

石神井川沿いを歩こうと言う事になりました。

 

練馬は桜台に秋元屋http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13121269/

という美味しい焼とん屋さんがあるのでよく行ってましたが氷川台

多分初めて。

電車を降りてしばらく歩くと公園があったのでそこでお昼をとることに

しました。公園ではフリマをやっていて非常にのんびりした雰囲気。

公園の敷地内には高稲荷神社という神社がありました。

f:id:unagipiechan:20130617184246j:plain

練馬区史によると、この高稲荷神社は昔、神社があった所には

大きな池があり、その池には大蛇が住んでいた。

練馬村のとある若者がその大蛇に見込まれ、池に引き込まれてしまった。

その若者の霊を慰めるために神社を建立したと言われているそうです。

そういう話を聞くと確かに神秘的な雰囲気を感じる場所でした。

 途中の歩道にはパンダと鳥の椅子。

f:id:unagipiechan:20130617184930j:plain

川を上流までのぼっていくと水が澄んでいくのがわかります。

鴨の親子をのんびり眺めていると、突然上流に居た別の鴨たちが

騒ぎ始めました。どうやら鴨の親子たちが通ろうとしたところは

別の鴨たちのなわばりだったらしい・・・。鴨たちが警戒音のような

口調で鴨の親子たちを威嚇してます。緊迫した場面に私たちは

目が離せませんでした。にげまどう鴨の親子。まさに手に汗にぎる一瞬。

f:id:unagipiechan:20130617184337j:plain
f:id:unagipiechan:20130617184410j:plain

すると別の方角から鴨の親子に加勢するお父さん鴨らしき存在が!!

この場面は本当にすごかった。NHKはなぜこの場面をとらないのかと・・・。

そのくらい迫力がありました。ピンチを切り抜けた鴨の親子たちは

何事もなかったかのようにまたスイスイと川の上流を登りはじめました。

私たちも安心して、また石神井公園まで歩きはじめました。